aa 生命保険の必要性

生命保険を必要とするとき。それはどんなときでしょうか?身内に不幸があったとき、病気や怪我をしたとき、家族構成が変わった(結婚をした、子供が生まれたなど)時、そんな時に、保険は必要だと思うのではないでしょうか?そして、それは、「守りたい大切なものがあるから」保険が必要だと思うのではないでしょうか?では、実際に保険商品を購入する、契約するときはどのようなときでしょうか?大きく分けて3つあります。

一つは、病気や怪我をした、身内で不幸があった、保険のセールスにあった、そのような理由でしょうか?実際に、病気や怪我をしたときは、完治しないと保険に入れないと言ったことがあります。日本での生命保険の加入率は90%。ほとんどの人が何らかの保険に加入しています。と言うことは、ほとんどの人が「生命保険の必要性」を感じているということになります。

しかし、必要を感じていながらも、心のどこかで、「自分に不幸なことなど起こるわけは無い」と、思っているのではないでしょうか?実際に65歳以前に死亡保険金を受け取る例は、かなり少ないと言えます。しかし、その少ない確立に、自分が当てはまらないとは、言えないのです。その不幸に自分が合うかもしれない。なので、生命保険に加入するのです。

 

<おすすめサイト>
・保険の無料相談も行っている生命保険情報サイトをご紹介いたします。 → 保険 見直し
・フィナンシャルプランナーを目指すなら、家庭教師を雇うのも良いかもしれません! → 家庭教師

保険 相談
人気のある保険相談会社を
厳選してランキング形式で紹介


ページTOPへ